頚椎疾患|とみた整形外科クリニック 大阪府 高槻市 |整形外科 スポーツ整形外科 腰痛

頚椎疾患

上肢の痛み・しびれ・頚椎疾患

頚椎疾患と治療法

  1. 頚椎症(脊髄症、神経根症)
  2. 頚椎椎間板ヘルニア
  3. 頚椎後縦靭帯骨化症
1.頚椎症(脊髄症/神経根症)

加齢による頚椎の変形などにより、脊髄に強い圧迫病変があり、箸が持ちにくい、ボタンが留めにくい、字が書きにくいなどの手指の運動障害や歩行障害、排尿排便障害がある場合、いわゆる脊髄症は早めに脊髄の通り道を広げる手術をすることをお勧めします。一方、首や肩から腕にかけての痛みや上肢のしびれだけの場合はあわてて手術する必要はありません。まずは薬物治療などの保存療法を十分に行い、それでも効果がない場合や上肢に力が入りにくいといった症状がある場合には手術を検討します。後方からの手術が一般的ですが、脊髄前方からの病変が大きい場合や首が前傾している場合は、前方からの手術になります。内視鏡手術で対応できる場合もあります(CMEL)。

2.頚椎椎間板ヘルニア

頚椎の椎間板が膨隆し、頚椎症と同様の症状を呈します。治療も頚椎症と同様です。最近では患者様によっては人工椎間板の手術が適応になる場合もあります。

3.頚椎後縦靭帯骨化症

頚椎椎体の後縁を縦走する後縦靱帯が骨化することにより、脊髄あるいは神経根の圧迫をきたす疾患です。脊髄症を呈する場合は、手術をお勧めしています。手術方法は頚椎症、椎間板ヘルニアと同様です。

頚椎手術について

頚椎症性神経根症

術前
MRI
CT
術後
このように内視鏡で神経の圧迫を解除できる場合もあります。
CT

頚椎前方固定術

適応
頚椎椎間板ヘルニアのように前方から脊髄を圧迫している病変
一般的な入院期間
2週間程度
術前
ヘルニアが脊髄を圧迫しています。
術後
ヘルニアが無くなっています。

頚椎人工椎間板置換術

適応
頚椎前方固定術よりもさらに厳密な術前評価が必要。
特徴
頚椎前方固定術と異なり、椎間板の動きを維持できる。
一般的な入院期間
2週間程度
術後

椎弓形成術

適応
脊髄前後方からの多椎間病変(頚椎症性脊髄症、頚椎後縦靭帯骨化症など)
一般的な入院期間
2週間程度
骨を開き、人工骨で固定する方法
術前
MRI
CT
術後
骨を開いて人工骨で固定しています。
MRI
CT
骨を開いて骨の横で固定する方法
術前
MRI
CT
術後
骨を開く方法もあります。
MRI
CT