骨粗鬆症について|とみた整形外科クリニック 大阪府 高槻市 |整形外科 スポーツ整形外科 腰痛

骨粗鬆症について

骨粗鬆症とは

何らかの原因によって骨の強度(骨密度)が低下し、骨がもろくなり、骨折しやすくなる状態を骨粗しょう症と言います。骨粗しょう症は原発性骨粗鬆症と続発性骨粗鬆症がありますが、約9割が原発性骨粗鬆症です。その中でも最も多いのが閉経後骨粗鬆症で、女性ホルモン(エストロゲン)が著しく減少することにより、骨吸収が加速して骨形成が追いつかなくなり、骨折しやすくなります。
また、老人性骨粗鬆症や、日頃の生活習慣(食生活、運動不足、喫煙や多量の飲酒 等)によって発症する骨粗鬆症も原発性骨粗鬆症に含まれます。
一方、特定の病気(関節リウマチ、糖尿病、慢性腎臓病、動脈硬化など)や薬の副作用(ステロイド薬の長期服用など)が原因で骨粗鬆症になるものを続発性骨粗鬆症と言います。

骨粗鬆症の検査

骨粗鬆症性の骨折による日常生活動作(ADL)の低下を防ぐために、骨折の予防が必要です。骨粗粗鬆症の検査は骨密度検査(DEXA)、レントゲン検査、骨代謝マーカー(血液、尿検査)などがありますが、当院では主に血液検査と腰椎と大腿骨のDEXAを行い、適切な治療を行います。

閉経後の女性、ご高齢の方、特定の病気(関節リウマチ、糖尿病、慢性腎臓病、動脈硬化など)をお持ちの方、喫煙者やアルコールを多く飲まれる方、ステロイドを長期服用されている方、大腿骨骨折の既往がある方はとくに検査をお勧めします。

骨粗粗鬆症の治療

骨粗粗鬆症の治療には主に食事療法、運動療法、薬物療法の3つが挙げられます。

食事療法
ビタミンDやKなどの骨代謝に必要とされるもの、骨の主成分となるカルシウムやたんぱく質などの栄養素を積極的に摂取するほか、バランスのとれた食生活が重要です。
運動療法
骨を丈夫にするには体重の負荷をかける運動が必要です。しかし、必ずしも負荷の大きな運動が必要ではなく、骨に適度な負荷がかかる程度で問題ありません。例えばウォーキングなら1回30分程度で十分ですが、できれば毎日継続的に行うようにしてください。
薬物療法
骨形成を促進する薬(テリパラチド)、骨吸収を抑制する薬(ビスフォスフォネート製剤やSERMなど)、骨の材料を補う薬(カルシウム製剤や活性型ビタミンD3製剤など)などが主に用いられます。