リウマチ|とみた整形外科クリニック 大阪府 高槻市 |整形外科 スポーツ整形外科 腰痛

リウマチ

リウマチとは

関節リウマチは自己免疫疾患の一つで、全国で患者数が70万〜80万人と推定され、男女比は1対4と女性に多く、30〜50歳代が発症のピークと考えられています。朝の手のこわばりが特徴的で、起床後手を握れず、衣服の着脱などが困難になることがあります。主に手の指や足の指などの小さい関節に対称性に関節炎が生じますが、膝などの大きな関節が侵されることも少なくありません。治療をしないと関節が破壊され、動きにくくなります。関節破壊は関節リウマチの発症から数年ほど経過して起きると考えられてきましたが、最近では初期の時期(1年以内)から進行していることがわかってきました。しかし最近の治療薬や治療法の進歩により、早期に診断して治療を開始できれば、多くの患者様で病期の進行を最小限に抑えられるようになってきています。

リウマチの治療

血液検査や画像検査(レントゲン撮影、関節超音波検査など)により、リウマチと診断されれば、よく用いられるのはメトトレキサート(免疫抑制薬)です。このほか、疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)、各種の生物学的製剤などが使用されます。

しかし、薬物療法のみで関節を動かさないでいると可動域が悪くなるので、関節可動域訓練などのリハビリテーション(リハビリ)も重要です。

また、薬物療法やリハビリだけでは改善が難しい場合には、手術療法(骨膜切除術、人工関節置換術、関節固定術)が行われます。